« 震災後の地盤沈下で | トップページ | 小さな漁港の集会場で »

2014年9月12日 (金)

懐かしい運賃箱

石巻の路線バスには、バスカードの搭載がない。
したがって、古いままの、昔ながらの両替機能しかない運賃箱が、いまだに使われている。

そんな中でも、最も古い部類に入ると思われるものに出会った。

Img_0803

この運賃箱、紙幣両替の挿入口が、運賃箱に後付された形になっていて、紙幣を入れるのは、乗務員の手動操作による。
そして、やはり、手動操作で、100円硬貨が5枚ずつ、2回に分けて出てくるというもの。

この形を見た途端、これは!と思い、どこにも、乗務員に声をかけてと書かれていないのに、「両替お願いします」と、申し出てしまった。

写真を、改めてよく見てみると、紙幣両替の矢印には「500」の文字。もしかしたら、500円硬貨の両替には未対応なのかもしれない。

鹿児島の両替機は、ICカード導入時に一新されてしまい、古いものを見かけることはまずない。いやあ、いいもの見せてもらった(笑)

« 震災後の地盤沈下で | トップページ | 小さな漁港の集会場で »

コメント

こりゃ~古いですね~すごい!

はい。かなり懐かしいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい運賃箱:

« 震災後の地盤沈下で | トップページ | 小さな漁港の集会場で »

無料ブログはココログ

ホームページ