2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« (千年)団地北 | トップページ | (指宿いわさき)ホテル入口 »

2017年6月21日 (水)

伊敷団地

Dsc_3630_1

鹿児島市北部の大型住宅団地、伊敷団地。
市営住宅や公務員宿舎など、昭和の時代に建てられた、どこかで見たような同じ形のマンションが並ぶ姿が印象的。
市営住宅あるところに市営バスありで、この頃は、当たり前のように、郊外部であっても市営バスが路線を持っているが、もう少し後になると、民間のバス事業者が団地線を持つようになっていく。

鹿児島市西伊敷七丁目 2016年10月撮影

« (千年)団地北 | トップページ | (指宿いわさき)ホテル入口 »

コメント

管理人様、こんばんは。護国神社電停最寄りの草牟田町に住んでいた小生は山形屋へ行くにも西駅へ行くにも市電でしたので初めて親戚宅のある伊敷団地へ向かった際はバス乗車で遠足気分でした。まだまだ若々しい団地で都会的にも思えた記憶があります。市内の団地造成に興味が湧き資料を探してましたら詳細な経緯記録が写真と共に残してあるんですね。居住団地には断片的な記録しかないので羨ましい紫原陸橋であります。

いつもコメントありがとうございます。
記録を残すというほどのものでもありませんが、できれば、若手のバスファンに、自分が持っているものを引き継いでもらいたいという思いで、いろいろなことを、「残す」ことに、最近熱心になっています。
鹿児島市内の団地は、どこも高齢化が進んで、この先どうなるのだろうか?と心配になるところもあります。10年後に、果たして今のようなバス路線が残っているのかどうか。気になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162982/65441338

この記事へのトラックバック一覧です: 伊敷団地:

« (千年)団地北 | トップページ | (指宿いわさき)ホテル入口 »

ツイート

無料ブログはココログ

ホームページ