2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« 向江町→金生町 | トップページ | 加世田→加世田高校→永田 »

2017年11月16日 (木)

金生町→大坂→加世田

Dsc_3118

鹿児島から、南薩方面へ向かうローカルは、大門口経由というのが私の幼少期からの常識。一部の特急バスだけが、西駅周りになったのは後になってから。
あれから何年経っただろうか。今や、大門口経由の地方路線は、わずかこれだけ。そして、ダイヤ改正の度に減っている。

200_1578

10号線のバスの遅れ次第では、通常の準急で加世田に向かうつもりだったが、順調に時間通り着いたおかげで、大坂経由の最終に間に合った。通しで乗るのは久しぶり。

金生町から数人乗って、いづろを直進。大門口の広い通りを抜けて、新屋敷へ。地方へ向かう時のバスルートで、小学生の頃、1人でバスに乗っていたのを思い出す。

市街地区間では、結構まめに乗り降りがある。
とくに、大坂経由を強調した案内はなく、通常の音声合成のみだが、乗り間違ったり、迷ったりしている人は見かけない。

坂之上を右折して、いよいよ山登りが始まる。笠松までで大半の客が降りてしまい、残った客は私と1人だけ。
右に左に山道を登っていくと、霧が出てきた。雲の中に入ったような感覚。

P9040046

錫山の集落を抜けたことろに錫山入口の停留所があり、そこで最後の1人が下車。バスは貸切になった。

白川の駅跡にはいつの間にか案内の看板が立っていて、訪れる人が自分以外にもいることに安堵。狭い道を果敢に進み、阿多麓から住宅地へ。
以前と違って、整然と区画された道を行くから、区画整理でもあったのだろうか。
そして、以前と同じように、信号すらない、一時停止の標識のみの脇道から加世田市街地の国道に突然合流する。
きびきび走っていた印象だったのに、バスは若干の遅れで加世田到着。遅れても、乗継の時間はたっぷりある。

今回のバス旅ルート

« 向江町→金生町 | トップページ | 加世田→加世田高校→永田 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162982/66052014

この記事へのトラックバック一覧です: 金生町→大坂→加世田:

« 向江町→金生町 | トップページ | 加世田→加世田高校→永田 »

ツイート

無料ブログはココログ

ホームページ