2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 金生町→大坂→加世田 | トップページ | 永田→鹿児島中央駅 »

2017年11月17日 (金)

加世田→加世田高校→永田

少し時間があったので、加世田到着の前に車窓で気になったバス停を見に行った。

コミュニティバスの停留所だが、こんなに凝ったものは見たことない。
Img_4080

近くで見たら、天井にまでイラストが。何がどうなってこんな上屋が実現できたのかわからないが、バスの利用者増につながればいい。

加世田と知覧を結ぶバスは、舞敷野経由と高倉経由の2系統。

そのいずれにも、これまで何度も乗っている。

時刻表を編集していると、その、いつもの路線に、1日に数本だけ、ルートを外れて高校を迂回するものがあることに気付いた。加世田から知覧に向かう場合、加世田17時05分発の1本だけ、加世田高校経由で運行される。
乗りたい。と思った。

今回の旅では、とにかく乗ったことのない区間のバスに乗ってきた。初日の鶴翔高校、2日目の薩摩中央高校。そして、最終日、加世田高校。

200_1667_06

200_1667_03

加世田のバス停は、営業所と車庫が一緒にあって、多くのバスは、車庫から出てくる。
しかし、目当てのバスは、知覧からやってきて、行先表示を変えてすぐ折り返し。ちょうど高校の下校時間帯で、フル稼働中なのだろう。加世田周辺には高校がいくつかあって、回送で高校に向かったバスが生徒を乗せて帰ってくる。そして、すぐに行先を変えて出発していく。

数人の高校生と共に、加世田を出て、バスはいつものルートを知覧へ向かう。
しかし、間もなく、大型バスが曲がるには窮屈な交差点に右折で入る。入っても狭い。対向の一般車が斜めに避ける。最徐行でバスは進み、ようやく高校が見えると、正門を行き過ぎたところに、バス停があって、生徒が待っていた。
しかし、期待したほど多くはない。たった数名の高校生と、めったに乗らないマニアを乗せて、バスは通常のルートに戻る。

これで、今回の未乗車区間踏破のノルマは終了。あっという間に、終わってしまった。

バスは知覧まで行くが、ノルマを果たした以上、乗り続けることにこだわる必要はない。
乗り継ぎのバスを調べたら、鹿児島行きが、まるであらかじめそれを想定しているかのように、すぐ後にやってくることがわかった。
川辺の街に入る直前の永田で下車。いよいよ、次は、今回の旅の締めくくりとなるバスに乗る。

今回のバス旅ルート

« 金生町→大坂→加世田 | トップページ | 永田→鹿児島中央駅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162982/66056060

この記事へのトラックバック一覧です: 加世田→加世田高校→永田:

« 金生町→大坂→加世田 | トップページ | 永田→鹿児島中央駅 »

ツイート

無料ブログはココログ

ホームページ