2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

日記・コラム・つぶやき

2017年8月 1日 (火)

国立公園霧島 ホテル林田温泉

0944_1

霧島を代表するホテルである、霧島いわさきホテルが閉館するという。
旧霧島林田ホテルの頃から親しんできた身としては、これまでのどんな施設の閉鎖、廃止よりも寂しさを感じる。
確かに、施設は古くなってしまい、昭和レトロと言ってもいいような部分も散見されるし、耐震性にも問題ありとなると、このまま営業を続けていくのがどれだけ厳しいか、理屈はわかる。
でも、このどうしようもない寂しさは、どうにもならない。
どうか、もう1回だけでも泊りに行って、霧島を満喫したい。
過去のブログ記事も良かったらご覧ください

2017年7月18日 (火)

更新作業

ホームページの更新作業を続けている。

試験的に、一部のページのレイアウトを新しくし、微調整の後、現在は、6月撮影分の写真追加に合わせて、関係のページを新しいサイズの写真に入れ替えている。
今回の更新では、写真の入れ替えが300枚を超える。
全体では1万枚を超えているので、どこまで入れ替えをするか、線引きも必要なのだろうと思うけれど、まずは、更新するページから、コツコツ積み重ねていこうと思う。
ブログの更新が滞りがちになっているのは、時間配分的に難しいから。
限られた時間の中で、やりたいことの全部はできない。
睡眠時間を削りすぎると、本業に支障する。うまくバランスをとりつつ、続けていきたい。

2017年7月11日 (火)

地震はこわいもの

昼前に、職場で地震の揺れを感じた。
地響きのような音が近づいて来て、小刻みに揺れた後、下から突き上げられ、ゆらゆらと横に揺れた。

それから、スマホが緊急地震速報。
石巻に派遣されていた時は、時折、大きくはなかったものの、地震の揺れを感じたし、熊本でも、建物の調査の最中に、大きな揺れを感じて、恐怖で凍りついたこともあった。
そんなかんじの、怖い体験だった。
幸い、大きな被害もなく、仕事も家も通常通り。
大きな余震が無いことを祈る。

2017年7月 5日 (水)

梅雨末期の大雨

200_0109a_1

梅雨は、どこかで大きな被害が発生しなければ明けない。
そう思ってしまうほど、毎年、大雨による被害が出ている。
報道やツイッターで断片的に伝わってくる情報では、日田、朝倉、英彦山方面で大きな被害が出ているようだ。
雨の降り方が異常だ。時間雨量80ミリを超える雨なんて、そうそうあることではないと思っていたが、毎年のように耳にする。
大きな被害がないまま、梅雨が明けることを願う。

2017年7月 4日 (火)

ブラインドタッチ

小学6年の時に初めてパソコンを触ってから30年余り。

学校の授業で、キーボードを触ることもあったが、これまで、自己流の入力で、それでもそれなりに速く打てたので、気にはなりつつも、そのまま続けてきた。
今年になって、20代の若手同僚が、電話を受けながら、メモをパソコンに直打ちで入れている姿に衝撃を受けた。手書きでメモを取るよりも速いという。
これは、いいきっかけではないかと、自分のキータッチを見直すことにした。最初のうちは、超スローペース。イライラするぐらいに遅い。
それでもあきらめずに、がんばってキーボードを見ないで入力を続けて2か月ほど。まだ、そんなに速くはないし、ミスタッチも多いながら、それなりの速さで打てるようになってきた。
半年後には、1年後には?
スピードアップが楽しみだ。

2017年7月 3日 (月)

ホームページレイアウト変更中

バスフォーラム鹿児島。画像の大きさを変えることを念頭に、いろいろ悩み、迷いながら試行錯誤中。

全体の画像を大きくしようかと思ったが、現在のレイアウトの利点も生かしたい。
しばらくは、ホームページのスタイルシートをいじっていくので、落ち着かない状況が続くかもしれないが、より、充実した内容で続けていくためにも、必要な作業と思うので、見守っていただければ。
また、今後、リストをプルダウンメニュー化するかどうかも検討中。それが果たして操作しやすいものなのか?いろいろ試しつつ、充実させていくつもり。
とりあえず、試作ページ公開中

2017年6月15日 (木)

ホームページリニューアル計画

バスフォーラム鹿児島を、そろそろリニューアルしようかと思っている。

というのも、画像の盗用が後を絶たず、そのために透かし加工をしたのだが、今度は、加工後の画像劣化が自分なりに許しがたいレベルになってしまった。
元々、画像の転用防止と、通信速度への配慮、サーバー容量の上限などから、現在の画像サイズにこだわってきたのだが、時代は変わって、画像の転用防止以外の問題はクリアしている。スマホやタブレットで閲覧している割合がそれなりに高いことも考慮するべきだとも思う。
透かし加工をするのであれば、もはや、転用防止もクリアされるわけで、思い切って、画像サイズを大きくすることを考えようかと思う。
そうすると、現在のレイアウトは考え直さなければならない。
15年以上にわたって、更新を続けてきた画像や、それを表示するページの数は膨大な量に上り、そう簡単に手を付けられるものでもないが、レイアウトのずれも気になっていて、リニューアルするなら、いい時期なのではないかと思う。
とはいえ、趣味に割ける時間は確保できないから、一気に変更は難しいかもしれない。現在は、現役車両ばかりにつけている解説も、アーカイブという形で昔の車両のまとめもしたいし、構想は尽きない。
やりたいことは数々あるが、まずはできるところから。有言実行の有言をまずはこちらでやってみた次第。

2017年5月29日 (月)

友人との別れ

インターネットの普及で、同じ趣味を持つ仲間と、つながりを持てるようになり、それまで考えられないほど交友関係が広がった。

マイナーな趣味で、雑誌も地元の書店には売っていない、こんなことを楽しいと思うのは、きっと自分だけ。そう思って、少年時代を過ごした。
99年、周囲の勧めもあって、自分のホームページを作成した。個人の趣味サイト黎明期は、何もルールが確立されておらず、いろいろな批判や現場の声などを元に、試行錯誤を繰り返した。何をやっていいのか、悪いのか、それを教えてくれたのは、私と同じようにホームページを開設し、バスの情報交換をしていた趣味の仲間だった。
230_1032
200_0158
これら2枚の写真は、実は同じ車両を撮ったものである。最近の鹿児島は、首都圏の中古車が次から次にデビューするから、当然、そのバスが、元はどこで活躍していたのだろうかと興味がわく。
過去にさかのぼって撮影はできないから、撮影した写真を分けてもらうしかないわけで、そうした時に、頼りになるのも同好の趣味の仲間。
インターネットでの交友関係に距離は関係ないから、全国に交友関係が広がった。
そんな、趣味の仲間の中でも、20年近い付き合いのあった古い友人の訃報が舞い込んできた。私にバスの写真撮影のルールを教えてくれて、度々鹿児島関連の写真を送ってくれた、友人の名前が訃報を告げるスマホの画面にあった。
一緒に、ホームページ管理者としての苦労や、体験を語り合ったのに。待ち合わせたわけじゃなくても、同じ場所にカメラを持って立っていたのに。もう、彼と話すことができない。写真を更新することもできない。残念でならない。
ご冥福をお祈りします。バスフォーラム鹿児島は、これからも、続けていきます。

2017年4月 6日 (木)

花見バスツアーの思い出

200_0530_02

2006年3月。路線バスを貸し切って、花見バスツアーをした。
行先は、川辺の岩屋公園。桜の名所に行って、バスの写真も撮ろうと思った。
しかし、当日はあいにくの雨。バスの車内で、通路にシートを敷いて、弁当を食べた。
散々だったが、今思うと楽しかった。
あれから、しばらくツアーをやってない。
この週末、桜は咲いたが、雨らしい。
週末どころか、連日雨らしい。
なかなかうまくいかないものだ。

2017年3月13日 (月)

廃止されたバス路線を貸切バスで行く

日曜日、砂津本陣會主催のバスツアーに参加してきた。

今回は、第3回めで、京築地区の廃止ローカル線のリバイバルツアー。
中型路線車を貸し切って、往時の路線を訪ね、撮影をし、当時に思いを馳せるというもの。
実は、バスフォーラム鹿児島でも、過去に、廃止路線を訪ねるバスツアーは企画したことがあって、JR九州バスの路線を訪ねたのが記憶に新しい。

今回、京築方面のローカルバスは、現役時代にまったく乗ったことが無くて、なじみもない。それでも、行きたいと思うのは、このツアーの企画、演出が素晴らしいから。
一番の目玉は、廃止されたバス路線沿いの集落が、間もなく完成するダムによって、水没するということ。バスは、ダムを一望する展望台のところで、いつものように撮影用に一時停車。

Dsc_4046

これで、迂回しつつ終点までたどるのかなと思っていたら、ヘルメットに作業着の県の担当者が、私たちに向かってダムの概要について説明をはじめ、さらに、バスに乗り込んできた。(県の職員さん我々のために休日出勤!)

Dsc_4099

これから、通常立ち入り禁止のダム底に向かいます!
耳を疑うようなスタッフの言葉。
いったいどういう交渉をしたのか。

Dsc_4166

昭和6年建造のコンクリート橋。バスがここを渡ることは、もう2度とないだろう。

Dsc_4136

P3120369

終点、帆柱小学校前で折り返し、
地域の小さな商店の横で停車。
地元で取れた米で作ったおにぎりをふるまっていただき、その美味しいこと!
感無量なんて言葉じゃ足りない。
この趣味を普通にやっているだけでは、到底出会えない出会いを、提供していただいた。

Dsc_4188

ここは、まもなく水の底になる。ダムをバックに。
 
Dsc_4224

小さく小さくバスが見える。このスケール感。

鹿児島でも、これと同じとはいかないまでも、廃止路線を再び訪ねるバスツアー、本気でやりたいと思った。
どういう形がいいのか、まだ、迷いがあるけれど、まずは、情報と意見を収集して、どういうところにニーズがあるのか、自分なりに行動してみようという気になった。
力をもらった1日だった

より以前の記事一覧

ツイート

無料ブログはココログ

ホームページ