2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

くるま

2014年6月 5日 (木)

車検の顛末

P3290275

鹿児島から、一人暮らしの荷物と共に、石巻の公舎までやってきた相棒のハイエース。

4ナンバーの「貨物車」なので、車検は毎年受けなければならず、必然的に、石巻で車検を受けることになった。

車検の期限は、5月中旬。早めの予約で、割引サービスがあるのは知っていたので、石巻に来てすぐに、車検の手配をした。

地場の整備工場などの知識があるわけでなく、こういう時こそと思い、会員になっている、全国チェーンの、カー用品量販店大手に見積もりと、車検の予約に行った。

見積もりだけでも、順番待ちで、出直して来いと言われ、再度来店。簡単なチェックのあと、

「重大な問題が2つあります」

といわれる。ドキッとして質すと、

「まず、バンですから、荷室の仕切り棒を取り付けてください」

しまった!鹿児島で取り外して、家の物置に入れたまま、忘れてきた!
でも、まあ、妻に送ってもらえばいいか…お金かかるけど。

「もうひとつ、このセカンドシート、改造されましたか?バンでリクライニングは不正です。この状態で、当店では車検を通すわけにはいきません」

はぁ?どういうことだろう。中古で購入した車だから、前のユーザーが何かいじっているのかもしれないが、少なくとも、改造しているとの認識はない。すぐに、その場でネット検索し、純正品でなんら問題ないことを説明したが、
「ウチでは、ダメです。リクライニングはありえません。これは、バン用のシートではないです。」

これは困った。とりあえず、シートを純正品に交換することを条件に見積もりをもらった。5万円ほど。

その足で、ディーラーへ。閉店間際で申し訳なかったが、サービスフロントで確認してもらうと、間違いなく純正品だという。
頼るべきほかの店もないし、せっかく来たからと、ここでも車検の見積もりを出してもらう。おススメ整備まで含めて、13万円ほど。

おいおい、2倍以上するのか?

石巻に来て、鹿児島では一度も経験したことのない、しかも、身に覚えのない指摘を受け、精神的にもダメージ。でも、車検を通さないことには、持ってきたこのクルマ、ただの物置になってしまう。

仕切り棒は、宅配便で送ってもらい、送料は2,000円ほど。
問題は、座席だが、やはり、ディーラーも問題ないと言っているし、ネットで調べても、純正品そのものだし、なにより、「バンのセカンドシートは、リクライニング不可」という基準自体が見当たらない。

そう思うが、量販店の車検担当者は、頑として首を縦に振らず、仕方なく、ディーラーへ。
結局、おススメ整備を最小限に限定し(寒冷地なので、不凍液の交換と、以前から気になっていたブレーキ液の交換、ブレーキパッドの交換)て、かかった経費は11万円…。

晴れて、車検はパスしたものの、あの量販店氏の判断は何だったのか?

「宮城県の審査は厳しいもんですから」

という言葉で、すべてが済まされてしまうのだった。

2013年12月17日 (火)

10万キロ到達

私が普段乗っているハイエース。ついに本日、10万キロに到達した。

Photo

中古で購入した当時、走行距離は5.5万キロ超。自分で、約4.5万キロ走ったことになる。

ハイエースの耐久性は、どこでも評価が高いので、これからもまだまだ頑張ってくれそうだが、走行距離の伸びがこんなに早いとは考えていなくて、実は、タイミングベルトをまだ交換していない。次の車検は5月だが、それまでに1万キロは走りそうな・・・。

ネットで検索してみると、実にいろいろな情報が入手できるが、どれを信じるべきかは迷うところ。

ともあれ、今日は記念日。とりあえず、めでたいということで、記録しておいた。

2013年8月22日 (木)

ブースターケーブル活躍

普段から、自分の車の荷室にブースターケーブルを積んでいる。
めったに使うことはないが、困っている人を助けたい・・・というより、助けることで出会いがあるかも(笑)という、浅はかな考えで購入したものである。

現在は、バスの撮影待ちで、エンジンカットのまま車載テレビを見ていたりするので、緊急用という意味合いが大きくなっている。

今日は、職場の公用車がバッテリー上がりでSOS。緊急出動してきた。
困っていたのは、課長以下3人。
手際良くケーブルをつなぎ、再始動OK!
これで、人事評価まで上がるといいのだが(笑)

2013年7月 8日 (月)

初めて買ったクルマ

昨日のブログから、一応続きで。

先輩のtodayが、あまりにいい走りをしていて、しかも、それまで、タコメーターの付いた車にめったに乗ったことがなかったため、すっかり魅了されてしまった。

23a

5速マニュアルミッションも新鮮で、シングルアームのワイパーもカッコイイ!

そういうわけで、全く迷うことなく、ホンダ、トゥデイを購入した。
タコメーター付きで、5速マニュアルにこだわった結果、バンの最高グレードである、Ri-Z。

21a

これが、初めて私が購入したクルマである。
昭和63年式、4年落ちの中古だった。

ゴキゲンで、あちこち走りまわっていたのだが、実は、このクルマがとんだ「ハズレ」。
今思えば、怪しいところが随所に見られて、絶対買うべきでない中古車だったとわかるのだが、なにせ、初めてで、何の知識もなかった。父の紹介ということもあって、あまり、実車をよく見なかった。

このクルマの最大の欠点は、エンジンが温まると、アイドリングが不安定になり、エンストしてしまうこと。今でいえば、オートアイドリングストップ機構付き(笑)
峠を越えると、てきめんに調子が悪くなるため、峠という峠は避けて走らなければならなかった。

しかし、そのおかげで、エンジンルームを覗かざるを得ない状況に追い込まれ、ある程度のメカには詳しくなったし、旧道や裏道などのルートにも、非常に詳しくなった。
災い転じて福となす?

いろいろ苦労させられた車だったが、todayは今でも大好きで、このあと、もう1台所有することになる。それはまた次の機会に。

2013年1月17日 (木)

ハイエース1周年

Dsc_1253

1年前のちょうど今ごろも寒い日が続いていて、苦労した。
それまで乗っていたデリカの経費がかさみ、どうしようか悩んでいたところに、インターネットの中古車サイトで見つけたのがこの車だった。

値段は安くはなかったが、100系ハイエースの最終期で、走行距離も短い。なにより、バンなのに、貨物を積んだことがないと思われるほどきれい。
しかし、現車確認しないまま、購入を決断するのが怖かったので、自ら、販売店まで行って、そのまま鹿児島まで乗って帰ろうと考えた。
ちょうど、その時期は、高速道路が1000円だったし。

写真は、まだ富士山ナンバーだった、私の車。
富士山をバックに、富士川SAで記念撮影した。

現在も、調子はいいし、飽きることもなく、毎日楽しく乗っている。
末永く、これからも乗っていたい。

2012年11月19日 (月)

ハイマウントストップランプ…その後

ちょっと前に取り付けたハイマウントストップランプ。
両面テープで固定するタイプで、リア窓に張り付けている。

配線の都合や、リアワイパーの配置から、リアガラスの室内側、上端に合わせて固定した。
しばらく、イイ感じで作動していたのだが、さすがは安物で、LEDの発光が、ところどころ欠けている。いや、何回かブレーキ踏んでいると、点いていることもある。接触不良?

まあ、欠けている部分があっても、用途上支障はないので、そのまま放っておいたら、今度は、両面テープがはがれてぶら下がっている。
気付かずに、走り出してから、あらぬ場所で光っているのに気付き、これは恥ずかしいので、すぐに張り直し作業。張ってすぐは、はがすのも難しいくらいの粘着力なのだが、不思議なことに、3日経つと必ず外れる。

両面テープも安物…。

車用の、強力両面テープに張り替えて、とりあえず2日目。明日、はがれていたら、善後策をまた考えなくては。
ヤレヤレ。

2012年11月 4日 (日)

ハイマウントストップランプを取り付け

自分の車に欲しいと思っていた「ハイマウントストップランプ」を、通販で取り寄せた。
LEDで、長さが48センチ。結構大きめ。

もともと安モノなので、過大な期待はしていなかったが、期待以上に、届いた品物はしょぼく(大汗)、これで大丈夫かと思うほど。

しかし、せっかくなので、取り付けることにした。それにしても、説明書きに、一切日本語ないし…。

まあ、そんなに難しいことはないだろうから、「カン」で、配線。
・・・コード短くて届かないし。。。確か、商品説明には90センチと書いてあったはずだが???

手持ちのコードの余りで継ぎ足して、とりあえず、30分で作業終了。
点灯試験も、無事終了。
本来の役割は果たせそうだ(笑) って、それがダメなら詐欺だし。

そういうわけで、小さなカスタマイズ、終了。写真は…撮ってないのでナシ!

2012年9月 4日 (火)

クルマの運転姿勢

確か、免許取りたての頃は、ハンドルにかなり近づいて、父に、ハンドルにぶら下がって運転してると言われた記憶があるが、免許を取って20年、すっかり変わってしまった。

シートはいつも下げられるだけ下げ、ハンドルの下の方を握り、気付けば片手運転をしていることも。

これはいかんよな。と思い直し、シートを少し前に出してみた。
ハンドルとの距離が縮まった分、まず、ハンドルの握り方が変わった。あの、「10時10分(笑)教習所握り」が楽でいいのだ。さすが、教科書通り、ハンドルのとり回しも楽だし、意外と、今までより運転の感触もいいかもしれない。

というわけで、しばらく、姿勢を意識して「矯正」してみようかと思う。

2012年7月26日 (木)

カーオーディオを修理?

自分の車のオーディオ、カーナビなどは、自分で付け替え、取り付けを行っている。
キャブオーバーの車で、エンジンルームが座席の真下にあるため、後付けの社外カーナビを納める場所がなく、ムリヤリ、2DINサイズに詰め込んでいたが、やはり、配線がビッシリなってしまい、オーディオのオーバーヒートが懸念されるほどだった。

ここしばらく、DVDの調子が良くないし、思い切って、結線をやり直し、1DIN分は小物入れ化して、カーナビ本体は、助手席の足元に移設することにした。

日曜日の、ゆっくり空き時間にでもと思っていたが、なかなか思うように時間が確保できず、とうとう、この週末は、家族連れで遠征。車内でDVDが使えない(途中で消える)と大ブーイングなので、やむなく、本日、ついさっきまで車に照明を持ちこんで、作業をしていた。

結果、今までにないくらい調子が良くなったが、一部配線が届かないことが発覚。せっかくのワンセグの音が、モノラルでしか出ない。

これは、別売りの延長コードを買わないとどうしようもないので、ひとまず、保留。

それにしても、車の中は、エンジンの熱気も残っていて、サウナ状態。かといって、ドアを開けると、蚊に襲われるし。いやはや、労働環境は厳しかった。

2012年2月21日 (火)

タイヤが新品になったのだ

先日、パンク修理をしたばかりの、自分の車のタイヤ。
http://shubus.txt-nifty.com/busblog/2012/02/post-5c31.html

その後、なんと8年ものということが判明し、劣化して、硬化が進んでいることが予想された。実際、タイヤ側面のひび割れや、白化が目立ってきていたから、一刻も早く新品に交換…ということで、今日、工場入りとなった。

選択したのは、国産の一般的なバン用タイヤで、タイヤ4本、廃タイヤ処理、その他工賃込みで5万円弱で収まった。以前乗っていたデリカのオフロード用タイヤに比べると、非常に安い。さすがは、コストパフォーマンスのいい「バン」だ。

早速、運転して、自宅まで、約17キロの道のりを帰ってきたが、乗り心地の改善の著しいこと!ガツンガツン拾っていた路面の段差を、すっかり吸収してくれている。これまで、空気圧を高めに入れていたので、その影響もあるだろうけど、新品タイヤに替えるだけで、こんなにも変わるものかと実感。出費は痛いけど。良かったよかった。

ツイート

無料ブログはココログ

ホームページ